予備校と個別指導塾どちらがいい?違いは何?

塾の強みは、生徒ひとりひとりの学力に応じた指導ができること

個別指導塾や予備校は似ているようで性質が異なります塾の強みは、生徒ひとりひとりの学力に応じた指導ができることよく検討し、通いやすく、しっかりと学べるところを選びましょう

また、講義の内容がハイレベルで密度が高いため、生徒のレベルによってはついていくのが精いっぱいということもあります。
座って講師の話を聞いているだけということにもなりかねません。
また、講師と心理的に近くないため、聞きたいことがあっても質問しにくいということもありえます。
個別指導塾は、先生ひとりに対して生徒ひとりか2、3人で授業を行っていくというスタイルをとっています。
塾の強みは、生徒ひとりひとりの学力に応じた指導ができることです。
それぞれのレベルや学習の到達目標に応じてカリキュラムやスケジュールを組んで、指導を進めていくことができます。
先生と生徒の距離も比較的近いため、わからないときに相談しやすいのもメリットです。
また、塾の先生は学習相談や進路の指導などにも関わります。
生徒の学力をよく把握していますので、的確なアドバイスが期待できるでしょう。
予備校と比べると学費も安い傾向があります。
デメリットとしては、先生の資質にばらつきがあるが挙げられるでしょう。
なかには、大学生のアルバイトが先生をしているというケースもあり、質の高い授業を受けることが期待できないケースも考えられます。
先生と生徒の相性もあり、合わない相手に当たってしまうと、生徒のやる気がそがれることもあるでしょう。
なお、先生は担任制であるところと毎回先生が変わるところとがあります。
担任制のところで、先生の質があまり高くないと感じたり相性が良くないと感じたりする場合は、変更してもらうよう相談するなどの対応が必要です。
予備校と個別指導塾のどちらが良いかは、一概に決めることはできません。

予備校抜け出してカフェで勉強します。

勉強してるんだから優等生優等生。
pic.twitter.com/akiEREn3Cw

— 💉脱法ラーメン🍜 (@e2718ramen37) 2019年6月12日