プリザーブドフラワーのこと プリザーブドフラワー協会とは プリザーブドフラワーの不思議 プリザーブドフラワーの起源 プリザーブドフラワーの取り扱い

お問合せはこちら

8.プリザーブドフラワーの不思議

プリザーブドフラワーの魅力はどこにあるのでしょうか。それは何といっても、花の最も美しく、麗しく、そして瑞瑞しい時の姿を長時間保つことができるという点です。しかもそれは驚くほど長い時間です。プリザーブドフラワーがその美しい状態を保てる期間についてですが、それは勿論花の種類や保存状態によって異なってきます。ですがもし保存のための最良の条件が整えば、そのプリザーブドフラワーは最長十数年にもわたって保存が可能だと言われています。もし皆さんの大好きな色や形の花が、すぐに枯れることなく十年かそれ以上にもわたってその姿をとどめ、私達に変わらぬ可憐な美しさを見せてくれる、そしてそれらを私たちがずっと楽しんでいられるとしたら、それは私達にとってこの上ない贅沢だとも言えるでしょう。現在の私達と同様、古代の人類も花を愛し、その花の美しさを長く保つためにいろいろと工夫をこらし、時には苦労を重ねてきました。人類の長年の努力と執念とが結実したのが、このプリザーブドフラワーではないでしょうか。

プリザーブドフラワーは、フレッシュな生花の、最も状態の良い時に特殊な加工を施し、長い時間その姿が保てるようにしたものです。ですがプリザーブドフラワーの魅力は、その保存期間の長さだけに止まりません。プリザーブドフラワーは以上のような特殊な加工を経るがために、その結果人工的な着色ですら出せない自然な色合いと、それに同じく人工的な手法では出せないしっとりと柔らかな風合いとを醸し出すことができます。恐らく皆さんが実際にプリザーブドフラワーを見て、それを手にとって見ても、それが人の手によって「作られた」プリザーブドフラワーとはと気づかないのではないでしょうか。それくらい圧倒的なリアリティと自然な雰囲気を誇るのがプリザーブドフラワーであり、プリザーブドフラワーの織り成す魅力なのです。

ところでプリザーブドフラワーの花の種類としては、一体どのようなものがあるのでしょうか。皆さんは花束と言えばまずは薔薇を想像することでしょう。プリザーブドフラワーも同じことで、現在は薔薇のプリザーブドフラワーが最も多く見られます。ですがここ数年の技術力の向上によって花の種類がたくさん増え、最近では薔薇以外にもカーネーションやアジサイ等といった花も登場しています。また葉もの(リーフ)の種類も以前と比べて充実してきています。
プリザーブドフラワースには他にも魅力があります。それがプリザーブドフラワーは色を作り出せる、ということです。即ち本来自然界に存在しないはずの種類の色も作り出せるということです。従ってプリザーブドフラワーはデザイナーや芸術家の創造力、イマジネーションをかき立てます。具体的な例を挙げて紹介しましょう。例えばプリザーブドフラワーでは、青や緑色の花だって作り出すことができます。またプリザーブドフラワーの色の種類としては、例えばバラのケースで言えば生花に匹敵するほど多彩で、なんと40種類以上もあります。また、生花では幻の花と言われる青い薔薇(ブルーローズ)もつくり出すこともできます。それにしても青い薔薇なんて、想像しただけで不思議で、また神秘的だとも思えませんか。このようにプリザーブドフラワーは色のバリエーションも非常に豊富なのです。

Favorite

クックパッド
http://cookpad.com/
結婚相談所 堺
http://www.legende.jp/

2015/3/11 更新